オーラルセックスの危険性

コンドームを使用せずにセックスをした場合、性感染症にかかるリスクがあります。
淋病はクラミジア感染症に並ぶポピュラーな性感染症で、リスクの高いセックスをした後、男性なら翌日から一週間以内には自覚症状が出てきます。
症状として、尿道のむず痒さや排尿時の激痛が特徴で、尿漏れで下着が汚れ悪臭がし、膿が出てくる場合もあります。
淋菌性の尿道炎で、尿道が炎症を起こしているのです。
女性の場合は、おりものの増加、下腹部への痛みなどがありますが、痛みは男性ほど強くはないため、感染しても自覚しない人もいます。
男性は顕著な症状が出るため、治療することになるのですが、女性の場合は無自覚のまま次々と感染を広げていく恐れがあります。
また、オーラルセックスで喉にも感染する例もあるので、セックスをしていないから安全とは限りません。
淋病は比較的治療しやすく、性病科の病院で抗生剤の注射を行えば、翌日には症状は治まります。
最近はジスロマックやそのジェネリック薬のアジーも有効です。
性感染症の自覚があれば、たとえ恥ずかしくても病院に行って診断を受けるのが大切です。
また、セックスをした相手も一緒に治療を行う必要があります。
一方が治療を行っても、他方が症状を放置したままでは再び感染する恐れがあるからです。
薬は病院でもらう他に、通販で入手することができます。
医薬品の個人輸入代行サイトからネット通販のできるところを探せば良いでしょう。